「ゼロから立ち上げる」興動人を育てます
HOME > 採択事業 > 平成24年度「大学間連携共同教育推進事業」採択

平成24年度「大学間連携共同教育推進事業」採択/採択事業/広島経済大学



西日本から世界に翔たく異文化交流型リーダーシップ・プログラム


本学ほか8大学、1短期大学で連携して取り組む「西日本から世界に翔たく異文化交流型リーダーシップ・プログラム」が、文部科学省の「大学間連携事業共同教育推進事業」として採択されました。

基本情報


名称と種類
  西日本から世界に翔たく異文化交流型リーダーシップ・プログラム
種   類
  地域連携
連携校名
  山口大学、香川大学、愛媛大学(代表校)、佐賀大学、京都外国語大学、京都文教大学、広島経済大学、松山大学、九州国際大学、京都外国語短期大学
取扱担当者  
  愛媛大学教育・学生支援機構 教育企画室 秦啓治教授
連携機関
  松山市青年会議所、(財)えひめ女性財団、愛媛県企業経営者勉強会(理解ラボ)、アジア太平洋学生支援協会(APSSA)、大学教育学会
関係大学
コンソーシアム
  四国地区大学教職員能力開発ネットワーク
UNGL西日本学生リーダーズスクール
ホームページURL

http://www.ungl.jp/
 UNGL西日本学生リーダーズスクール


大学間連携の戦略と連携取組の趣旨・目的


異文化交流型リーダーシップ・ネットワークの必要性

大学教育において学生が、リーダーシップ力を身につけることについては、学士力、社会人基礎力、各大学ディプロマポリシーに限らず、経済界や地域社会からも大きな期待が寄せられ、本取組のステークホルダーからも強く求められています。しかしながら、専門領域に偏らないスタンダードなリーダーシップを体系的に提供する大学はほとんど見当たらないのが現状です。
そのような中、近年、学生の学びと成長を促す取り組みが、キャンパスの内外を問わず幅広く展開されています。しかし、慣れ親しんだ仲間との環境下では、それまでの関係を再構築しても、新たなリーダーやリーダーシップの醸成には限界があるとうかがえるので、学生の効果的・効率的な学びと成長を促すために、学内外、国内外に新たなフィールドを求め、「立場や世代間、文化背景の異なりを超えた(=異文化交流)」プログラムを拡充・拡大し学生に提供することが重要となります。

本取組は、将来、日本全国に展開するために、まずは西日本(関西・中国・四国・九州)の国・私立の10大学・短大が連携し、学生が「学内→国内→2国間→多国間」と段階的に立場や文化の差異を乗り越えながら、地域や国際社会で活躍するために求められるリーダーシップを体系的・継続的に養うことを目的とするプログラムである。

具体的には、以下の4つの事業に取り組む。なお、可能な限り本取組のプログラムや成果については、連携校以外の大学や社会にも広く提供する。



連携取組の達成目標・成果

本取組においては、関西・中国・四国・九州の4ブロックにおける10大学間での連携を予定している。支援機関終了時までに以下のとおり約2,000人・約50事業(年間)を実施する。


支援期間終了後の取組

本補助金支援終了後は、連携校を西日本から日本全国に拡充し、本取組によるリーダーシップ能力開発手法の普及とプログラムの共同利用及び学生リーダーシップ養成に関わる教職員の能力開発についても大学や地域・国境の垣根を越えて、広げていくことを目指す。

また、APSSA(アジア太平洋学生支援協会)との連携を強化し、アジア太平洋地域各大学との連携事業に発展させ、グローバルな人材の育成を図るものとする。さらに、各大学、ステークホルダーが連携・協力しながら、事業の見直し・拡充することで、最少の費用で実施が可能となる。それに加え、大学のFD・SD研修、ステークホルダーの各種研修を利用して、プログラムや評価手法の共有を図りながら指導者の養成も可能となり、持続発展可能な能力開発と併せて行う。