「ゼロから立ち上げる」興動人を育てます
HOME > キャンパスライフ > 国際交流・留学 > 海外留学について

海外留学について/広島経済大学


海外での貴重な体験を通じて、幅広いコミュニケーション能力を養うチャンスです。

制度の概要

短期留学制度

本学の主な留学制度は、夏期休暇に実施するオーストラリアのジェームスクック大学とフランスのトゥレーヌ学院へのサマープログラム、そして春期休暇に実施するニュージーランドのオークランド大学、韓国の大邱大学校、中国の大連理工大学へのスプリングプログラムです。
期間は、夏期休暇・春期休暇中の各1カ月間。大学の寮やホームステイを利用し、基本的に週5日のプログラムを2~4週間に渡って学び、他国の学生とともに語学力を鍛えます。
留学先や参加コース、渡航の行程なども、すべて本学が責任をもってアレンジ。安心して留学できます。また、本学が規定する受講時間数を満たした学生は、プログラム終了後所定の手続きにより2~4単位が認定されます。

長期留学制度

さらに、1セメスター(約15週間)の長期プログラムとして、デンマークのサザンデンマーク大学、ドイツのフォルツハイム芸術工科大学、ポーランドのクラクフ経済大学、フランスのトゥール高等商科大学とアンジェカトリック大学、中国の大連理工大学、韓国の大邱大学校、オーストラリアのジェームスクック大学、ニュージーランドのオークランド大学への長期留学も用意しました。
渡航先によって支援内容は異なりますが、いずれも本学がサポートするため、手続も費用も安心です。しかも、留学生には、往復の渡航費用が奨学金として全額支給されます。
ただし、現地の大学で提供される経済の専門科目や語学の授業などは、すべて英語又は現地公用語(中国、韓国、フランス)。そのため、留学生にはかなり高度な外国語能力が要求されることになります。

詳しい募集要項はこちら

留学先一覧はこちら

語学留学・単位認定制度はこちら

海外留学者数


短期留学           ※2015年度実績

留学先 留学者数
オーストラリア ジェームスクック大学 PC 6
シンガポール 南洋ポリテクニック 4
ニュージーランド オークランド工科大学 IH 4
合計 14


長期留学           ※2015年度実績

留学先 留学者数
オーストラリア ジェームスクック大学 PC 1
ニュージーランド オークランド大学 ELA 1
カンボジア パニャッサストラ大学 1
合計 3






選考試験と奨学金について

選考試験

留学するには、各コースでの選考試験を突破することが必須条件。毎年、サマープログラムのオーストラリアとフランスへの留学は5月下旬に、スプリングプログラムのニュージーランド留学は11月下旬に、韓国・中国留学は10月中旬に選考試験を実施し、語学留学メンバーを決定しています。
試験は筆記と面接で、英検2級レベルの問題が出されます(フランス留学の試験内容は未定)。交換留学プログラムに参加するには、TOEFL500点以上が要求されるなど、大学ごとに条件が異なるため、希望者には個別の相談に応じています。

奨学金

留学生には、選考試験の成績に応じて、奨学金や留学先までの往復旅費を支給したり、授業料の一部補助を行うなどの支援を用意しています。
なお、試験の詳細については、選考試験実施の約1カ月前にポスターで掲示するとともに、講義で要項を配布していますので、参考にしてください。


※アイコンの説明

短期 ・・・短期留学派遣校  長期 ・・・長期留学派遣校


3万人以上が在学するニュージーランド最大の大学。留学生に提供されるプログラムには、少人数による英会話レッスンに加え、ニュージーランドの文化を理解するための課外活動や小旅行が含まれるなど、たいへん充実した内容となっています。
短期長期
公式サイトへ

南洋ポリテクニックで行われるサマーコースは、本学の学生の為に特別に組まれたプログラムで、英語を書くこと・話すこと両方を実践的に学べるカリキュラム構成になっています。
短期
公式サイトへ

大邱大学校は1956年に韓国社会事業学校として設立されました。ソウルから東南に約300キロ離れた大邱市に位置し、約100万坪の広大なキャンパスを有しています。同大学の韓国語講座に参加し、韓国語と文化を学びます。
短期長期
公式サイトへ

嶺南大学校で毎年9月の上旬から中旬にかけて行われる、1週間の特別研修は、提携校の学生のみが参加可能で、韓国語のみならず韓国の伝統文化を学ぶことができる構成になっています。
短期長期
公式サイトへ

インドネシア ガジャマダ大学の人文学部で実施されているINCLUSというインドネシア語学習プログラムで、インドネシア語並びにインドネシアの文化・歴史を学びます。所定の条件を満たした学生は、ガジャマダ大学 経済学部での長期派遣留学も可能です。
長期
公式サイトへ *リンク先はガジャマダ大学経済学部のサイト

トゥレーヌ学院はトゥールという街の中心部に立地しており、毎年80以上もの国から学生を受け入れている非常に国際色豊かな学校です。活気がある一方で治安も良いため、安心して過ごせます。同校では主にフランス語の語学研修を受けますが、レベルに応じて歴史や文化・文学等専門性を持ったレッスンも受けられます。
短期
公式サイトへ

トゥール高等商科大学(フランス)

留学生も一般学生と同じ科目を履修するため、フランス語の能力は必須。語学力に合わせてカリキュラムが選べるほか、ニーズに応じた経済・経営の専門科目が準備されているのが特徴。授業料は免除で、留学期間も15週間から1年間まで選べます。
長期
公式サイトへ

留学には、フランス語の能力が必須で、留学生用の特別プログラムではなく、一般の学生と同じ科目を履修します。語学能力に応じて、自由にカリキュラムが選択でき、学生のニーズに応じた経済・経営の専門科目が準備されているのが特徴です。語学能力に応じて、フランス文化・文学等、より専門性を持ったクラスの受講も可能です。
長期
公式サイトへ

クラクフ経済大学(ポーランド)

授業は英語で行われ、「Poland-Economy in Transition」と呼ばれるポーランドの経済・経営のほか、言語や文化を学べるプログラム。授業料は免除で、留学期間は10月から3月までの6ヵ月間(15週間)です。
長期
公式サイトへ

フォルツハイム芸術工科大学(ドイツ)

同大学のビジネススクールが主催する「The International Business Program」は、1セメスター(15週間)。冬季のセメスターは10月から3月までの6ヵ月間に渡り、授業は英語で行われます。授業料は免除。
長期
公式サイトへ

サザンデンマーク大学(デンマーク)

通称「SAS]と呼ばれる、デンマークでも唯一のスカンジナビア地域の経済や社会を専門に学ぶプログラムを提供。授業は英語で行われ、秋コースは9月から12月までの1セメスター (15週間)です。授業料は免除。
長期
公式サイトへ