「ゼロから立ち上げる」興動人を育てます
HOME > 大学案内 > 興動人の育成 > 興動人一覧

興動人紹介/広島経済大学

興動人No.054

プロフィール
足立 拓矢さん
経営学科 3年生(取材当時)

スポーツによる地域活性化プロジェクト(リーダー)、
軟式野球愛好会、
テニス愛好会 UNIONに所属 

山口県 山口県立華陵高等学校 出身

今取り組んでいることについて教えてください
ゼミでは「原価計算」と「管理会計」をテーマに、普段は学ぶ側の学生が教える側にまわって講義を行っています。自分が教える側を体験することで内容をより一層理解でき、どのように表現したらわかりやすいかと工夫することで、伝達力を向上させることができます。また、他大学との合同ゼミにおいては「CSR」をテーマにグループプレゼンテーションを実施。自分はグループのリーダーをつとめ、仲間を牽引しながら、他大学の学生と交流を深めることができました。自分たちに足りないものや強みを知る点でも彼らとの交流はとても貴重でした。


どんな学生生活を送っていますか
プロジェクト活動やサークル活動、インターンシップ研修、資格取得、アルバイトなど、さまざまなことに挑戦しています。なかでもプロジェクト活動における挑戦は、自分を変える大きなきっかけとなりました。高校まではあまり人前で話したり、率先してグループをまとめようというタイプではなかったのですが、プロジェクトの活動を通して「リーダーをやってみたい」という気持ちが芽生え、60人を抱える大型プロジェクトのリーダーをつとめることになりました。学外の団体との交渉や後輩への引き継ぎ、そして60人もの仲間をまとめるという難しい課題、それらすべてが自分自身を成長させる糧となっています。


広経大の好きなところを教えて下さい
広経大に入学してよかったなと思うのは、「新しい自分」を発見できたことです。ゼミ活動、プロジェクト活動、海外インターンシップ研修、サークル活動など、さまざまな活動を通じて、これまで知らなかった自分の一面や新しい可能性に気づくことができました。また、学習面では、大学に入学してから初めてコミュニケーションツールとしての英語の面白さを発見。大学で行われている講義やTOEICを積極的に受けるようになりました。勉強・キャンパスライフどちらにおいても、新しいことに積極的に挑戦する行動力が身についたと感じています。