「ゼロから立ち上げる」興動人を育てます
HOME > 大学案内 > 興動人の育成 > 興動人一覧

興動人紹介/広島経済大学

興動人No.050

プロフィール
沼田 倫希さん
経営学科 4年生(取材当時)

フライングディスク同好会に所属 

岡山県 岡山県立倉敷商業高等学校 出身

今取り組んでいることについて教えてください
現在は卒論と就職後に役立つ資格取得に力を注いでいます。卒業後は銀行に就職するため、証券外務員、FP、簿記といった金融に関する資格取得を目指しています。また、自分が2年生の時に立ち上げたサークル、フライングディスク同好会(いわゆるフリスビー)においては、すでに現役チームを引退しているのですが、新チームの指導のために今も活動に参加しています。サークル立ち上げから始まって、部員の気持ちをひとつにまとめるまで、さまざまな困難を乗り越えてきました。社会人になってもこの競技とはずっと付き合っていきたいです。


どんな学生生活を送っていますか
授業でフライングディスクと出会い、その面白さにはまり、サークルを立ち上げました。活動当初はただフリスビーを投げて遊ぶ程度でしたが、ずっとサークルとして存続させていくには、このままではダメだと思い、顧問の先生に相談し、社会人プレーヤーと会う機会をつくってもらいました。そこから自分で練習メニューを考えたり、技術的な指導に力を入れるなど、競技の面白さが追求できるよう活動を深めてきました。ゼロから立ち上げるだけでなく、それを後輩たちに手渡せるようカタチにしていく…自分なりの人間力を培う4年間でした。


広経大の好きなところを教えて下さい
施設の充実はあらゆる面で快適でした。特に僕らのサークルは学内のフットボールパークでよく練習していたのですが、ロッカールームやナイター設備なども整っていて、内容の濃い練習を行うことができました。また、それまでリーダーシップを発揮する経験がなかった自分は、よく顧問の職員さんに相談にのってもらいました。困った時は必ず手を差し伸べてくれる人がいるという点も、広経大の大きな魅力だと思います。相手の立場になって物事を考えていくこと、そんなチームワークの基本を顧問の職員さんや部員との交流の中で学ぶことができました。