経済学は社会の扉を開く鍵
HOME > 広島経済大学で学ぶということ

広島経済大学で学ぶということ/広島経済大学

経済学は社会の扉を開く鍵

私たちの暮らしや社会環境は、日々変化し続けています。経済活動に携わる企業やヒト、モノ、カネの動きは、その変化の大きな要因の一つです。経済学とは、経済現象の分析を通して、社会の変化を的確にとらえようとする学問です。私たちは経済学を学ぶことで、世の中の変化する仕組みを理解し、社会の一員として生きていく力を身につけることができます。経済学は社会の扉を開く鍵と言える学問なのです。

広島経済大学は中四国唯一の経済系専門大学

広島経済大学は、中四国で唯一の経済系専門大学として、高い専門性と幅広い知識を持った人材を育成しています。本学は建学の精神「和を以って貴しと為す」を継承しつづけ、人間教育に注力し、専門性と人間性を兼ね備えた人材を輩出しつづけてきました。その確かな実績に加え、基礎から専門分野まで幅広い独自のカリキュラムの導入や、多彩な資格取得講座の実施、豊富な実践経験を持つ実業界出身の教員の迎い入れなど、本学の学びは進化を続けています。

「実業界出身教員」による授業

大学の授業は難しい理論ばかりだと思っていませんか?
本学では、学生の皆さんが「現場で使える知識」をそのまま授業で学べるように、実業界で活躍した実績のある教員を多く迎え入れています。プロフェッショナルとしての実体験に基づいた実践的な授業により、専門的な理論が現実の社会でどのように機能しているかがよくわかります。また、企業のトップや文化・芸術・スポーツ活動など各界の第一線で活躍中の方々を特別客員教授として招き、さまざまな角度からの特別講義も展開しています。