開学50周年を迎えます
HOME > 広島経済大学で学ぶということ

広島経済大学で学ぶということ/広島経済大学

広島経済大学は開学50周年を迎えます

校祖 石田米助翁が掲げた建学の精神「和を以て貴しと為す」を継承してきた広島経済大学は、平成29年1月23日をもって開学50周年を迎えました。また、学校法人石田学園は同年4月8日で創立110周年を迎えました。


開学50周年記念事業「明徳館」

開学50周年記念事業として、新たな学び舎となる「明徳館(めいとくかん)」が平成28年10月31日に竣工し、学生の自由闊達な学びの空間であり、新しい教育の拠点として活用が始まっています。
地上10階建ての内部には、学生がグループ学習に自主的に取り組めるスペース「ラーニング・コモンズ」や、興動館科目などのアクティブラーニングに対応した小教室、カフェをはじめとした授業の空き時間などに学生が心地よく過ごせる「交流・談話」のスペースなどが設置され、学生の自主性を育み、より成長できる環境になることが期待されています。


明徳館について詳細はこちら