「ゼロから立ち上げる」興動人を育てます
HOME > 学部・大学院 > 大学院 経済学研究科

大学院 経済学研究科/広島経済大学


国際的な連携でより高度な経済学を学び、専門的な学問を志す人のための研究機関。

特色/経済学研究科

博士課程を持つ研究機関で、学内はもとより全国から経済学修士・博士を志す学生や研究者が集まっています。経済学分野における国際的研究の必要性が高まる中、海外の大学との交流も活発化。インドネシア国立ガジャマダ大学やポーランドのクラクフ経済大学などをはじめとする大学と教授陣・大学院生の人的交流や学術交流をはじめ、海外の研究機関との交流を繰り広げ、すぐれた業績を上げる研究者を多数輩出するなどの成果を上げています。

取得可能学位: 修士(経済学)・博士(経済学)

教育目標/経済学研究科

研究者の養成を目的とする「研究者養成コース」は5年一貫制を採用。自立した研究能力と学識を養う研究指導に重点を置き、経済学修士及び経済学博士の育成を目指します。一方で既得の経済学的知識をさらに深めたい人、またそれを通じて専門的な職種(公認会計士・税理士など)に就くことを目指す人のための「経済学専修コース」を2年の前期課程のみで開設。より幅広い層の人々に門戸を開放しています。

教育研究上の目的/経済学研究科

本学大学院経済学研究科は、科学技術の高度化や様々な分野でのグローバル化と同時に、多様な規模でのグループ間の対立や相違、そういった現代の社会状況下に生じてくる多様なニーズに応えうる教育の提供を目指しています。


【博士課程前期課程】
前期課程については、以下のとおりとなっています。


1.研究者養成コース
本コースでは、修士(経済学)および博士(経済学)の学位取得を目指し、将来研究者として活躍することを希望する学生を対象とした教育を行います。前・後期課程一貫制をとり、研究指導に重点をおきます。
本コースでは、教育スタッフをはじめ教育環境をつねに整備しつつ、上のような社会状況のなかで研究者として自立し、研究活動を遂行していくために必要とされる高度な研究能力、およびその基礎となる豊かな学識の涵養を目指しています。
なお、社会の学問水準の向上そのものは、ある一定の一握りの大学によってのみ、またそこで養成された一握りの研究者によってのみ実現されるわけではなく、そこには、良質の広い裾野が必要とされるのです。このコースをもつ本研究科は、自ら積極的に経済学研究の発展に貢献することを目指すとともに、良質の研究者の養成を通じて経済学の発展、さらに社会に貢献することを目指すものです。また、そのための真摯な努力は、本学の学部学生にも良い影響を与えることと確信しています。
また、海外からの多様な留学生を積極的に受け入れ、教育しています。それら留学生への教育、またそれを通じての国際交流への貢献は極めて重要な任務であるとともに、このグローバル化の時代にあって、それは本研究科の教育環境にとっても多くのメリットをもたらすと考えられます。


2.経済学専修コース
本コースでは、学部での「基礎科目および実践的な科目に重点を置く」学修に加えて、より高度、より専門的な経済学的知識および分析能力を体系的に修得し、修士(経済学)の学位を取得しようとする学生を、その教育対象としています。
現在、学問水準の向上は著しく、また、多くの分野でグローバル・スタンダードでの競争が激化しています。そのような状況に対応しうる経済学的知識や分析能力を備えているということそれ自体は、研究者になることを希望する人だけでなく多くの人にとって極めて重要なことですが、本コースは、次のような学生に学びの場を提供しようとするものです。

  1. 上のような認識の下に、本コースで学んだ後に実社会に出ることを希望する学生
  2. 税理士その他の資格を取得して専門職につくことを希望する学生
  3. 上のような知識や能力を体系的に修得し、それを活かす形で、実業界で活躍することを希望する学生
  4. 高等学校教諭専修免許状(地理歴史・公民)を取得して教員の職につくことを希望する学生
  5. 経済分野の公務員として活躍することを希望する学生
  6. 生涯学習の一環として本コースで学ぼうとする学生

本コースは、このような多様な希望や目的を持つ学生に対応でき、また、それを通じて社会に貢献することを目指しています。
海外からの留学生については、上記の「研究者養成コース」で述べたことと同様なことが言え、留学生の受け入れと教育を積極的に推進していくことは、本コースにおいても重要な任務です。


【博士課程後期課程】
後期課程は、「研究者養成コース」のみから成り、また、これには、例えば前出の前期課程「経済学専修コース」を修了した者も、編入可能です。後期課程「研究者養成コース」は、前期課程のそれの延長線上にあり、博士(経済学)の学位取得を目指し、将来研究者として活躍することを希望する学生のためのコースです。そして、それ以外の点については、前期課程「研究者養成コース」について述べたところと同様です。



在学生の声/経済学研究科

在学生の声はこちら