「ゼロから立ち上げる」興動人を育てます
HOME > 学部・大学院 > 能力開発科目・資格取得 > 資格・能力等表彰制度

資格・能力等表彰制度/広島経済大学


資格取得を目指す学生の支援として、奨学補助金を給付しています。

資格取得によって将来の可能性を広げたいという学生を少しでもバックアップするため、各種試験・能力検定試験などの合格者を支援する取組として、資格・能力等表彰制度を設けています。
表彰を受けたい方は、合格日より1年以内に申請書と試験合格を証明する書類を添付して、教育学習支援センターに提出してください。教育・学習支援委員会の公正な審査と学長による選考によって、表彰者が決まります。
表彰の対象者は、本学の学部に在籍する科目等履修生及び研究生以外の学生とします。
ただし、外国語に関する資格試験等については、英語を母語とする学生は除くものとします。


資格・能力等奨学補助金の申請方法

1.資格試験に合格

資格試験に合格すると証明書が交付されます。
取得した資格の証明書(原本)と学生証を持って、申請期間内に教育・学習支援センター(2号館3階)に申し出てください。(証明書は職員がコピーを取り、原本をお返しします。)

2.申請書への記入

申請書を渡しますので、その場で記入してください。
※申請できるのは、資格取得後1年間です。

表彰

表彰区分 表彰の方法
表彰賞金が30,000円以上 第二教授会で表彰
表彰賞金が30,000円未満 学部長より表彰

次のとおり年2回の募集を行います。
【募集期間】
●前期申請:平成28年6月1日(水)~6月30日(木)まで
  《表彰日程》
表彰賞金が30,000円以上の者は、平成28年10月13日(木)に表彰
表彰賞金が30,000円未満の者は、平成28年10月14日(金)に表彰

●後期申請:平成28年12月1日(木)~平成28年12月23日(金)まで
《表彰日程》
表彰賞金が30,000円以上の者は、平成29年2月13日(月)に表彰
表彰賞金が30,000円未満の者は、平成29年2月14日(火)に表彰

対象資格等の一覧

資格等の名称 支給金額
1 国家公務員一般職(大卒程度) 50,000円
2 国家公務員専門職(大卒程度) 50,000円
3 地方公務員上級※ 50,000円
4 教員採用試験合格者 50,000円
5 税理士(1科目につき) 50,000円
6 社会保険労務士 50,000円
7 通関士 30,000円
8 行政書士 50,000円
9 宅地建物取引士 30,000円
10 総合旅行業務取扱管理者 15,000円
11 販売士1級 30,000円
12 販売士2級 5,000円
13 ビジネス実務法務検定1級 50,000円
14 ビジネス実務法務検定2級 15,000円
15 ビジネス実務マナー検定1級 20,000円
16 ビジネス実務マナー検定2級 5,000円
17 ビジネス文書検定1級 15,000円
18 ビジネス文書検定2級 5,000円
19 サービス接遇実務検定1級 20,000円
20 日商簿記検定1級 50,000円
21 日商簿記検定2級 20,000円
22 TOEIC(700点以上) 50,000円
23 TOEIC(600点以上) 30,000円
24 TOEIC(500点以上) 10,000円
25 TOEFL Internet-Based (60点以上) 50,000円
26 TOEFL Internet-Based (50点以上) 30,000円
27 TOEFL Internet-Based (40点以上) 10,000円
28 ITパスポート試験 10,000円
29 基本情報技術者試験 15,000円
30 応用情報技術者試験 20,000円
31 MCT-IW Word/Excel/PowerPoint/Access(1科目について) 15,000円
32 MCP(1科目について) 15,000円
33 ファイナンシャル・プランニング技能検定2級 15,000円
34 ERE(Sランク) 25,000円
35 ERE(A+ランク) 20,000円
36 ERE(Aランク) 15,000円
37 ERE(B+ランク) 10,000円
38 ERE(Bランク) 5,000円
39 EREミクロ・マクロ(Sランク) 20,000円
40 EREミクロ・マクロ(A+ランク) 15,000円
41 EREミクロ・マクロ(Aランク) 10,000円
42 EREミクロ・マクロ(B+ランク) 5,000円
43 文章読解・作成能力検定1級 30,000円
44 文章読解・作成能力検定2級 20,000円

TOEIC、TOEFLについては、それぞれ複数回受験の場合、過去の受験時のランクより上位のランクの成績を修めた場合のみ適用する。
ERE、EREミクロ・マクロについては、それぞれ複数回受験の場合、過去の受験時のランクより上位のランクの成績を修めた場合のみ適用する。
地方公務員上級については、試験科目に「教養」と「専門」があるものに限る。
平成24年度以前に入学した者で、サービス接遇実務検定準1級、2級、日本語検定1級、2級を取得・申請した場合は、平成25年度に限り表彰を行うものとする。